グアグアタルヘタ誕生のお話し


コーヒーとともに、色鮮やかな織物を誇るグアテマラ。
村ごとに独特の模様が伝えられる織物は、
女性が日々まとう民族衣装“ウィピル”にも仕立てられます。

その“ウィピル”を使ったカードがグアグアタルヘタ。 

   

 


作り手は、小学校を卒業しても中学校にすすめなかった女の子たち。
彼女たちは、家から出ず、現地カクチケル語しか使わなくなる生活で
スペイン語(グアテマラ公用語)を話さなくなります。

「先生になりたい」「看護師になりたい」。

もっていた夢もいつの間にか忘れてしまいます。それは仕方のないこと・・・。
それぞれの幸せのかたちがある。

けれどまだどこかで「願い」や「夢」をもっていられたら・・・。
そんな彼女たちといっしょに何かできないか、とはじめたのが、
このカード作りプロジェクトです。

彼女たちが自分たちの誇りである民族衣装をつかって一枚一枚仕上げました。
カードには、グアグアと鳴きながらひとり立ちしようとしている
アヒルの姿が彼女たちのように思え、
その鳴き声と、カードという意味のスペイン語タルヘタを組み合わせて

『グアグア・タルヘタ』

と名づけました。
 
季節のごあいさつや大切な方へのメッセージ、
インテリアなどにつかっていただけたら嬉しいです。


セミージャスタッフ