ホヤバフのウィピルバッグ 横長

Joyabaj ホヤバフ の民族衣装ウィピルで作られたバッグ。一点もの。

織物の宝庫グアテマラ。今も民族衣装に身をつつみ暮らす人々。
村ごとのことなる民族衣装の紋様は100種以上。

ホヤバフは、二枚の織物をあわせ、大きく開けた襟ぐりと袖口に、
色鮮やかな刺繍をほどこすのが特徴。
その襟ぐりの華やかな部分をたっぷりつかって仕立てられたバッグです。

グァテマラの女性たちが毎日着ているウィピルだけあり、とても丈夫。
バッグ本体が軽いので、いろいろ入れても重く感じないのも嬉しい♪

■タテ約32cm ヨコ約39.5cm、持ち手約55.5cm、底約10×27cm、重さ約222g

*A4サイズの書類が横に入ります
*前面はウィピル(手織物)、後面は黒い織物
*チャックで開閉
*前側に大きなポケット 1
*裏側にチャック付きのポケット 2
*内側にチャックつきのポケット 1
*内布は黒地の綿生地

*手づくり品ゆえ、多少の左右誤差、ゆるみ等がございます。
手づくりの味わいとしてお楽しみいただければ幸いです

他の写真

  • ウイピルの首元のカーブを利用し、大きなポケットが作られています。たっぷり入り、出し入れもしやすく、とても便利です♪
  • この可愛い紋様は,刺繍。色鮮やかだったものを染め、落ち着いた茶系になっています。
  • ホヤバフの女性たち。

    頭にのせているのは、Tzute スーテ と呼ばれる万能布。メルカド(青空市場)で買った品物をくるんで運んだり、赤ちゃんを包んで背負ったり、寒いときには肩にかけて・・・とまさに万能です!
ホヤバフのウィピルバッグ 横長

販売価格: 4,200円