ハチドリのストラップ♪

ハチドリのキーホルダー 宝来鈴つき♪

マヤの時代から1500年続く織物文化を育んできたグァテマラの女性たちが、
家事や育児の合間をやりくりして、一つひとつ仕上げたビーズ細工。
そのデザインは多彩。

一年中メルカド(青空市場)にあふれるフルーツ。
グァテマラの主食トウモロコシ。
豊饒のシンボルとして遺跡にも残るカエル。
“森の国”の意味をもつグァテマラらしいハチドリ。
“幻の鳥”“幸せの鳥”の国鳥ケツァール・・・。


家族やお友達とおそろいでつけたり、コレクションしても楽しい♪


■サイズ/ モチーフ 全体の長さ約70mm 幅65mm(翼を含む)

*3通りにお使いいただけます (1)ストラップ (2)キーホルダー (3)チャーム
*チリチリと鳴る小さな宝来鈴がついています♪
*手づくりの品ゆえ、多少のサイズ誤差、左右のバランスのゆるさ等があります。手作りの味わいとして楽しんでいただけらた嬉しいです。


 

他の写真

  • カニカン部分を取り外し、(1)ストラップ (2)キーホルダー (3)チャームとして、3通りにお楽しみいただけます
  • 日本語のハチドリは、毎秒50〜80回の早さで羽ばたきをするときの音が、蜂の羽音に似ているからだという。スペイン語ではコリブリ(Colibrí)

    アメリカ大陸、カリブ諸島に約330種おり、グアテマラ原産も数種いる。

    細く伸びたくちばしで、花の蜜を吸う姿は見ているだけでとりこになってしまう♪

    画像出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
  • 大ブームとなった「ハチドリのしずく」

    南米のアンデス地方に伝わる話を明治学院大学国際学部教授で、環境=文化NGOナマケモノ倶楽部主宰の辻信一さんが訳した短い話。


ハチドリのストラップ♪

販売価格: 500円