草木染ストール カフェ Café

◆◇◆【フェアトレードプロジェクト商品】◇◆◇

Café カフェ (コーヒー)を剪定した葉で染めたストール
ゆっくりたっぷり時間と手間をかけられた優しい色

世界一美しいといわれるアティトラン湖畔の村 サン・ファン・ラ・ラグーナ村の女性グループ「アルテサニア・サン・ホセ」によるストールです。

・長さ (全体) 約28cm×200cm  (内フリンジ) 約7cm×左・右
・重さ 132g
・綿100%

他の写真

  • ■染料 Café カフェ (コーヒー)

    アカネ科の常緑樹。アフリカ原産。グアテマラでも1850年代から本格的に栽培が始まり、現在は、観光業についでNO2の外貨収入源となっている。

    このサンファンララグーナ村でも栽培されており、剪定したときに出る“葉”を利用して染める。葉もタンニンを含むためコーヒー色に染まる。

    同じ染料コーヒーからでも、一番染めと二番染めで違う色が生まれ、優しいストライプが織られた。

  • グアテマラの誇る"アティトラン湖”のほとりの村の1つサンファン・ラ・ラグーナの織物のご紹介

    自然から生まれた色で織る
    素材を摘み、集め、そして染める
    ゆっくりと時間をかけて染めた糸の持つやわらかさ
    1つ1つにこめられた織り手の思い

    どの色にしようか・・・色の前でまよう時もあれば、
    一目見ただけでその色に見せられてしまうときもある。
    そしてそのお気に入りを身につけると”不思議な優しさ”に包まれる。

    たくさんの"素敵"がつまっているからなのでしょうか

        Semilla現地スタッフ 白石光代(グアテマラ政府公認観光カガイド)
        ブログ 美味しいグアテマラ より
        http://plaza.rakuten.co.jp/solola/より
  • ■生産パートナー アルテサニア・サン・ホセ Artesania San Jose

    サンファン・ラ・ラグーナ村の女性グループ。
    日本人染色家指導のもと、10年ほど前から天然染色の復興に力を入れ始めました。
    メンバーは、20〜60代のお母さんたち。子どもや孫の面倒を見ながら、交代で染め、織り、店番をする彼女たち。そんな仕事場からは賑やかな声が絶えません。
草木染ストール カフェ Café

販売価格: 3,800円