ソロラ織りのしおり 濃紺


◆◇◆【フェアトレードプロジェクト商品】◇◆◇ 


グアテマラの人々は、現在も民族衣装をまとい暮らしています。
マヤの時代から1500年を超えて受け継がれている伝統。
この国が誇る宝です。


上着の貫頭着をウイピル、スカートをコルテと呼び、
一部の地域を除き、織物が利用されています。
また、村ごとにことなる紋様が織りこまれ、
その数は現在も130種以上におよびます。


本ショップの拠点ソロラSolola村の
民族衣装に多用されているのが絣(カスリ)。

人間、松、花などこの国ならではの紋様から、
最近はキャンディーやハートなど…
今まで見かけなかった模様も登場しています。


織り手は、ソロラの女性たち。

彼女たちが、コルテ(スカート)を留めるファハ(帯)を
”栞”に仕立てました。


本、家計簿、日記などに挟んで♪
手織りのやさしさにほっこりできそうです。



【サイズ】 約 3〜3.5cm× 13〜14cm (フリンジ含む) 




*手づくりの品ゆえ、多少のサイズ誤差、左右のバランスのゆるさ等があります。
手作りの味わいとして楽しんでいただけらた嬉しいです。

*パソコンなどの画面の具合で、実物と色味が若干ことなる場合がございます。
どうぞご了承ください。



他の写真

  • 読みかけの本、お気に入りの雑誌といっしょに♪

    写真集(ENCUENTROS
    西田擁平助さん


  • ちょっとしたプレゼント、お土産にもぴったり♪
  • 制作風景

    後帯機(こうたいばた)と呼ばれる、マヤの時代と変わらぬ織り機を使用。初めての取り組みなので、いろいろ工夫を凝らしながら♪
ソロラ織りのしおり 濃紺

販売価格: 250円

重み: 4g