トドスサントスのウィピルポーチ S 

その名に“神々が集まりみなの声をきく”という意味をもつドスサントス村。
集まる声をあらわすかのようにその織りは、目の細かい幾何学模様が特徴。
まるで絵画のようなウィピルポーチは、存在感も大。

カラフルなので、バッグの中でも見つけやすくて◎。
グァテマラの女性たちが毎日着ているウィピルだけあり、丈夫です。


裏側にチャックがついていますので、
バッグの中で細々するカードや小物を入れたり、
薬入れにも便利です♪


■サイズ
  a・濃い紫 タテ約11cm ヨコ約12.5cm 重さ約23g
  b・エメラルドグリーン タテ約11cm ヨコ約12.5cm 重さ約22g
  c・黒 タテ約10.5cm ヨコ約11.5cm 重さ約23g(黒のみチャックが左側からあけるタイプ)
  d・紫 タテ約11cm ヨコ約12.5cm 重さ23g


*裏側にチャックあり
*内側には黒地の内布つき
*マチなし


*手づくり品ゆえ、多少の左右誤差、ゆるみ等がございます。
手づくりの味わいとしてお楽しみいただければ幸いです。
*実際の色が、こちらの写真の色と若干ことなることがあります。どうぞご了承ください。



他の写真

  • 写真のサイズのカード類がすっぽり入る大きさです。小物入れ、薬入れ、ちいさな化粧ポーチなどとしても使えます。

    グアテマラの女性たちが日常的に着る衣装(織物)なのでとても丈夫。その上カラフルなので、バックの中でもしっかり目立ってくれるのです♪
  • あまりの細かさに 「これ、刺繍でしょ?」 と言われる方も多いのですが、すべて手織物! 模様ごとに経(たて)糸の間の緯(よこ糸)をかえて、結び、織りすすめられたものなのです。

    手間と時間がたっぷりかけられているグアテマラポーチです。
  • トドスサントスでは、女性だけでなく男性や男の子も民族衣装を着て暮らしています。
    男性が編み物などと手仕事についているのも特徴的な村。
    こちらも、男性の職人による縫製です。毎日、店先で黒々と光るミシンを踏みながら、ポーチやバッグを作っています。
トドスサントスのウィピルポーチ S 

販売価格: 720円

重み: 70g

種類:
数量: