ふわふわウィピルのお財布

民族衣装のウィピル(貫頭衣)×コルテ(巻きスカート)で作られたポーチ。一点もの。

SAN LUCAS TOLIMAN サンルーカストリマン村の犬が並び、雷が織りこまれたウィピル(刺繍ではなくすべて手織物)と藍色のコルテを組み合わせたポーチ。

3ヶ所に分かれてそれぞれチャックで開閉ができ、使いやすさ◎
中綿が入れられ、ふわふわとしているので壊れやすいもにもお使いいただけます。

織物の宝庫グアテマラ。
マヤの時代から1500年を超えて織り継がれる伝統を、あなたの暮らしにどうぞ。

■タテ約11cm ヨコ約18cm、厚み約1cm
 持ち手の長さ11cm(輪になっているので、輪全体では21cm)
 重さ約37g

■3ヶ所に分かれそれぞれチャックで開閉
 内布は黒のサテン地

*手づくり品ゆえ、多少の左右誤差、ゆるみ等がございます。手づくりの味わいとしてお楽しみいただければ幸いです

他の写真

  • 村ごとに異なる独特の模様が伝えられるグアテマラの民族衣装 ウィピル。その模様は、230種類以上。そのすべてに意味があります。

    星、道、網、トウモロコシ、犬、人、マヤの神話、マヤ文字であらわされた誕生日、スペインから独立した日etc・・・

    サンルーカストリマン村のウィピルには、具象紋様=はっきりと分かりやすい紋様が織りこまれています。
    犬、鳥、猫、木などが行進するように並んだ織物は愛らしさ満点です。

    ジグザグ模様も必ず織りこまれ、縦のジグザグは「雷」を、横のジグザグはマヤの神でもある「ヘビ」を表しているとも。

    (参考) CADENA さん がらがらおりがら-村ごとの織物の柄とその背景- http://www.h5.dion.ne.jp/~cadena/gara2/gara2.html
  • 「お財布」とのことですが、チャックも多く、ふわふわなので、アイデア次第でお好きにお使いいただけます。

    メガネやデジカメを入れたり、コスメポーチとしても良さそうです♪
  • アティトラン湖畔の大好きな村の1つが、サンルーカス・トリマン村。
    ここには、他の村よりもゆったりとした時間が流れている気がします・・・。

    お客様とホテルのレストランへ。
    ブラックバスのから揚げ!!

    なぜ立っているのか?
    どうしてしっかりと立っているのか?
    立てる必要はあるのか?

    不思議な姿を前にいろいろと疑問が・・・

    とにもかくにも、この姿を眺めているだけで楽しくなってきます。一見の価値ありです!!

    落ちつたホテルで、ゆっくりと過ごす時間。
    ハチドリ(ハミングバード)も遊びに来ます。

    忙しい旅に疲れたら、どうぞたずねてみてください。

       Semilla現地スタッフ 白石光代(グアテマラ政府公認観光ガイド)
       ブログ 美味しいグアテマラより
       http://ricoguatemala.blog.fc2.com/
     
ふわふわウィピルのお財布

販売価格: 1,380円