ウイピルバック コマラパ

民族衣装のウィピル(貫頭衣)で作られた一点物のバック


チマルテナンゴ県 コマラパの織物。

現代風のバラの紋様と、古くからある鳥の紋様がミックスされている。

バラの花びらのグラデ―ション。鳥一羽一羽もちがう色で織られ、
とても贅沢な色使いされてます。


皮や金具を使ってないので重くないのもいいところ。
女性たちが毎日着ている民族衣装だけあって、とても丈夫なのです。

裏面内側にチャック付きポケットもついた優れものです♪


織物の宝庫グアテマラ。
マヤの時代から1500年を超えて織り継がれる伝統を、あなたの暮らしにどうぞ。


■タテ約17.5m ヨコ約23 cm
■ひもの長さ 約124cm
■重さ約141
■マグネット式ボタンで開閉
■内側・裏側にチャック付ポケットあり
■黒の内布あり、マチなし


 
*手づくり品ゆえ、多少の左右誤差、ゆるみ等がございます。
 手づくりの味わいとしてお楽しみいただければ幸いです。

*実際の色が、こちらの写真の色と若干ことなることがあります。
 どうぞご了承ください。。



他の写真

  • 村ごとにことなる独特の模様が伝えられるグアテマラの民族衣装。その模様は100種以上。すべてに意味があります。星、道、網、トウモロコシ、犬、人、マヤの神話、マヤ文字であらわされた誕生日など。
    表面はバラ。内側には鳥が顔をだし、織り手の模様合わせが楽しめる。

  • 内側、裏側にチャック付きポケットがついているため、いろいろ収納できて便利です。

    それぞれスマートフォンも入る大きさ。鍵やカードケース、小銭入れなど大切なものも入れていただけそうです。
  • Comalapa(コマラパ)

    古くは茶綿で織られていた。丁寧で綿密な縫織り。肩の部分に赤く太りラインを入れるのが特徴だった。
ウイピルバック コマラパ

販売価格: 2,800円

重み: 200g