ブックカバー ソロラの織物

◆◇◆【フェアトレードプロジェクト商品】◇◆◇

 

グアテマラの人々は、現在も民族衣装をまとい暮らしています。

マヤの時代から1500年を超えて受け継がれている伝統。
この国が誇る宝です。



上着の貫頭着をウイピル、スカートをコルテと呼び、
一部の地域を除き、織物が利用されています。

 村ごとにことなる紋様が織りこまれ、その数は現在も100種以上におよびます。


本ショップの拠点ソロラSolola村の民族衣装に多用されているのが絣(カスリ)。
人間、松、花などこの国ならではの紋様から、
最近はキャンディーやハートなど… 今まで見かけなかった模様も登場しています。

 

そんな絣をポイントにした織物をブックカバーに仕上げました。

 

 セミージャのオリジナル♪

その時によって変わる、いろいろな色合い&織り柄をお楽しみください。

 

 


【サイズ】

横 約23〜24cm 
縦 約16〜17cm

 

*柄の出方はそれぞれことなります。ご希望などございましたらご記入ください。
ご希望に沿えないこともございます。どうぞご了承ください。

*手づくりの品ゆえ、多少のサイズ誤差、左右のバランスのゆるさ等があります。

手作りの味わいとして楽しんでいただけらた嬉しいです。

*パソコンなどの画面の具合で、実物と色味が若干ことなる場合がございます。
どうぞご了承ください。

 


 

 

 

他の写真

  • 可愛らしいハート柄の絣(かすり)

    伝統的なものから流行りの柄&色まで、多種多様です。織り手の女性たちのセンスが光ります♪

  • 作業風景
    グアグアプロジェクトの女の子たちが、ソロラの作業所に集まり作っています。ご寄付いただいたミシンも使えるようになってきています。
  • 制作風景
    後帯機(こうたいばた)と呼ばれる、マヤの時代と変わらぬ織り機を使ったグアテマラの誇る伝統文化です。
ブックカバー ソロラの織物

販売価格: 1,000円

重み: 80g

色・柄:
数量: