ハチドリのストラップ♪

ハチドリのキーホルダー 宝来鈴つき♪

マヤの時代から1500年続く織物文化を育んできたグァテマラの女性たちが、家事や育児の合間をやりくりして、一つひとつ仕上げたビーズ細工。
デザインは多彩。一年中メルカド(青空市場)にあふれるフルーツ。グァテマラの主食トウモロコシ。豊饒のシンボルとして遺跡にも残るカエル。“森の国”の意味をもつグァテマラらしいハチドリたツリー。“幻の鳥”“幸せの鳥”の国鳥ケツァール・・・。

家族やお友達とおそろいでつけたり、コレクションしても楽しい♪


スペイン語でコリブリと呼ばれるハチドリは、
グアテマラでも愛されている鳥。

アメリカ大陸に生育する鳥なので、グアテマラでもよく見かける。
グアテマラ原産のハチドリも数種おり、あちらこちらで、忙しそうに花の蜜をする姿を見かけることができる。

日本でも「ハチドリの一滴」という本で有名になったこの鳥。
そんなハチドリをカラフルなビーズで作りました。



■サイズ/ モチーフ 全体の長さ約70mm 幅65mm(翼を含む)
*3通りにお使いいただけます (1)ストラップ (2)キーホルダー (3)チャーム
*チリチリと鳴る小さな宝来鈴がついています♪
*手づくりの品ゆえ、多少のサイズ誤差、左右のバランスのゆるさ等があります。手作りの味わいとして楽しんでいただけらた嬉しいです。

他の写真

  • カニカン部分を取り外し、(1)ストラップ (2)キーホルダー (3)チャームとして、3通りにお楽しみいただけます

    (写真は、いちご、とうもろこし))
  • 気分によって、用途によって、いろいろ楽しめます。
    (写真は、いちご、とうもろこし)
  • 南米のアンデス地方に伝わる話を明治学院大学国際学部教授で、環境=文化NGOナマケモノ倶楽部主宰の辻信一さんが訳した短い話。

ハチドリのストラップ♪

販売価格: 500円