ソロラ織りのしおり 

◆◇◆【フェアトレードプロジェクト商品】◇◆◇ 

グアテマラの人々は、現在も民族衣装をまとい暮らしています。マヤの時代から1500年を超えて受け継がれている伝統。この国が誇る宝です。

上着の貫頭着をウイピル、スカートをコルテと呼び、一部の地域を除き、織物が利用されています。また、村ごとにことなる紋様が織りこまれ、その数は現在も130種以上におよびます。

本ショップの拠点ソロラSolola村の民族衣装に多用されているのが絣(カスリ)。人間、松、花などこの国ならではの紋様から、最近はキャンディーやハートなど…今まで見かけなかった模様も登場しています。

織り手は、ソロラの女性たち。こちら一点のお買い上げで、彼女たちの主食5食分の収入・支援へつながります。

お気に入りの本と一緒に、ちょっとしたプレゼントに、ぜひどうぞ♪

【サイズ】 約 3〜3.5cm× 12cm 
【カラー】 赤 緑 青


※織紋様・リボンの色は、少しずつ異なります。どんなしおりが届くか、お楽しみに♪

企画:グァテマラで子ども女性を支援するNGO 「青い空の会」
詳しくは http://aoisoranokai.com

他の写真

  • 読みかけの本、お気に入りの雑誌といっしょに
  • ちょっとしたプレゼント、お土産にもピッタリ
  • 織っている様子。
    後帯機(こうたいばた)と呼ばれる、マヤの時代と変わらぬ織り機をつかっています。

    ソロラで初めての取り組みなので、いろいろ工夫を凝らしてくれています♪

    オリジナルデザイン、オーダーメードも受付中です。
    お問合せは、NGO「青い空の会」までお気軽に↓↓
    aoisora_gj@yahoo.co.jp
ソロラ織りのしおり 

販売価格: 250円